初心者による初心者のための登山記録

山へのアクセス方法、準備、登山記録など、登山計画時に役立つ情報をお伝えします。

【(ほぼ)日帰り登山】関西(大阪)から高速バスで木曽駒ヶ岳【アクセス】

 9月中旬に、日帰りで木曽駒ヶ岳に行ってきました。 

 

f:id:Montanhanq:20210920124847j:plain

千畳敷カール

 

この記事では、そのアクセス詳細を紹介します。

 ▼登山記録はこちら

montanhanq.hatenablog.com

 

 

■タイムスケジュール


【9月18日(土)】

・22:00 大阪発(夜行バス)

 ↓

【9月19日(日)】

・6:20 JR岡谷駅着(夜行バス)

・6:37 JR岡谷駅発(電車)

 ↓

・6:50 JR辰野駅着(電車)

・6:55 JR辰野駅発(振替え輸送バス)

 ↓

・7:10 JR伊那新町駅着(振替え輸送バス、徒歩)

・7:29 JR伊那新町駅発(電車)

 ↓

・8:27 JR駒ヶ根駅着(電車)

・9:00 JR駒ヶ根駅発(路線バス)

 ↓

・9:45 しらび平駅着(路線バス)

・11:58 しらび平駅発(駒ヶ岳ロープウェイ)

 ↓

・12:06 千畳敷駅着(駒ヶ岳ロープウェイ)

・12:10 千畳敷駅発(駒ヶ岳ロープウェイ)

 ↓

・12:40 乗越浄土 (通過)

 ↓

・12:45 宝剣山荘 (通過)

 ↓

・13:00 中岳山頂 (通過)

 ↓

・13:30 木曾駒ヶ岳山頂

・13:50 木曾駒ヶ岳出発

▼ここから帰り------------------------------------------

 ↓

・14:10 中岳山頂 (通過)

 ↓

・14:20 宝剣山荘 

・14:25 宝剣山荘 出発

 ↓

・14:40 宝剣岳山頂

・14:45 宝剣岳山頂 出発

 ↓

・15:00 宝剣山荘 

 ↓

・15:40 千畳敷駅着(駒ヶ岳ロープウェイ)

・17:00 千畳敷駅発(駒ヶ岳ロープウェイ)

 ↓

・17:08 しらび平駅着(駒ヶ岳ロープウェイ)

・17:15 しらび平停留所発(路線バス)

 ↓

・17:55 菅の台停留所着(路線バス)

(温泉、ごはん)

・18:30 菅の台停留所発(徒歩)

 ↓

・18:35 菅の台BC停留所着(徒歩)

・18:36 菅の台BC停留所発(高速バス)

 ↓

・21:15 名鉄BC停留所着(高速バス)

・21:33 JR名古屋駅発(新幹線)

 ↓

・22:21 大阪着

 

 

大阪から登山口まで(往路)

 阪急高速バス大阪梅田ターミナル(阪急三番街)22:00発のバスに乗車しました。

料金は片道で6800円でした。

予約は下記のページから。

 

高速バスドットコム



www.kosokubus.com

 

岡谷駅には6:20着です。所要時間は約8時間でした。

大雨の影響で駒ヶ根駅までの一部区間が不通になっているとのこと。本来であれば電車のみで行くことができますが、途中でバスに乗り換えて駒ヶ根駅に向かいます。

 

f:id:Montanhanq:20210920134453j:plain

途中でバスに乗ります。しばらくこのままかも..?

f:id:Montanhanq:20210920134430j:plain

バスは5分間隔で運行しているとのこと。

f:id:Montanhanq:20210920134401j:plain

伊那新町からはこの電車に乗ります。

8:27に駒ヶ根駅着です。

スムーズに向かえば8:30のバスに乗ることは可能です。

しかし!

自分は運賃支払いに手間取り、8:30のバスの乗ることができませんでした...

岡谷駅ICカードで入場することができるのですが、駒ヶ根駅ではICカードでの退場ができません。

ですので、駒ヶ根駅で乗務員さんに現金払いしなければなりませんでした。加えて、ICカードの入場記録は別の駅で消す必要があり...など、色々と面倒です。

初めから現金で切符を買って入場することをお勧めします。

 

次のバスまで30分。この時間だとお店も空いていないので、乗り換えをスムーズに済ませたかったです。

(歩いて5分ほどのところにコンビニありました)

 

f:id:Montanhanq:20210920134333j:plain

駒ヶ根駅の停留所

 

ちなみに、しらび平駅に向かう道中、菅の台BC停留所に何やらたくさんの人影が... 

そうです、菅の台BCは駐車場スペース。自家用車で来た人たちのバス待ちで長蛇の列ができていたのです。おそらく1,2時間の待ち。登山記録にも書きましたが、この後ロープウェーでも同様の待ち時間が....

 

この時期、できるだけ早く来ることに越したことはないようです。

 

 

登山口から大阪まで(復路)

 登山を終えて登山口に戻ってきました。

登山記録にもありますが、とにかく人が多い... 帰りのバスも、場合によっては待つことになるでしょう。

 

今回は、菅の台停留所で降りました。帰りの高速バスが、ここ菅の台から出ているためです。こちら色々施設がそろっており、温泉、食事色々楽しめます。

 

温泉はこちら。700円です。

www.komakusanoyu.com

 

お食事はこちら。ソースカツ丼が有名。

tabelog.com

 

tabelog.com

 

今回は時間がなさ過ぎて、温泉施設「こまくさの湯」で食事も済ませました。

正直な所、明治亭かすが野でソースカツ丼を食べたかった...、と思っていたのですが....

 

こまくさの湯で食べたソースカツ丼、とてもおいしかったです!

サクサク揚げたて、カツに余分な脂身がなく食べやすい。肉厚もありとてもおいしい! 値段は990円なので、ほかの2店舗と比べてリーズナブルです。

 

またいつか、ほかの2件でもソースカツ丼いただきたいです。

 

こまくさの湯を出て5分ほどの所にある菅の台BCで、名古屋行きのバスに乗って帰りました。

 

f:id:Montanhanq:20210920140140j:plain

時間ないと思って走った。しかし写真だけはと思い... ブレました

 

予約はこちらから。片道3200円なり~。

 

ハイウェイバスドットコム



www.highwaybus.com

 

 

時間も遅かったため、名古屋からは新幹線で大阪に帰りました。

 

 まとめ

 交通費はトータルで2万5千円ほどです(ロープウェイ等含む)。ちょっとお高いかなと感じました。

紅葉のこの時期、木曽駒ヶ岳はとても込みます(コロナ禍だから人出も少ないだろうと思っていましたが、そんなことはなかった)。ロープウェイは稼動率が高いため、毎回のアルコール消毒はしていませんでした。気になる方は、ご自分で手袋や消毒液等持っていたほうが良いかなと思います。